++ その笑顔のために ++





『大切な人を幸せにしたい』



 それは誰もが抱いている願いだろう。

 大好きな人が笑顔を向けてくれている。

 たったそれだけのことがとても大きな力になるのだから。



 私の大切な人はいつも仕事で疲れた顔をさせていた。

 それでも彼は忙しい合間を縫って時間を作り、「近くに寄ったから」などと言いな

がら会いに来てくれ、私はいつも不器用な彼の愛を感じていた。



 子供の頃から彼はそうだった。

 口では怒りながらも私のことを心配しくれていた。

 昔から誰よりも近くにいてくれた大好きな人。

 喜びも悲しみも苦しみも、全てを二人で分かち合ってきた。

 時にはケンカもしたけれど、側にいるのが当たり前だと思えるほど長い時間を

共に過ごしてきた。

 彼がいるから今の私があるのだと、本気でそう思えるほど彼にはとても感謝して

いた。



 だから私は彼の愛に答えようと思った。

 いつも安らぎを与えてくれる彼に、今度は私が恩返しをしたいと思ったのだ。



 そんな彼に何をしてあげたのか。

 答えはとても簡単だ。

 私は、私が最も得意としている歌を彼に披露してあげることにしたのだ。



 その日いつも通りに彼は私の部屋にやってきた。

 彼が扉を開けるのと同時に、私は得意のリュートを掻き鳴らし、美声に咽喉を震

わせながら彼を出迎えた。

 彼は一瞬呆気に取られた顔をさせていたけれど、すぐに事態を把握し体を小刻

みに震わせ始めた。

 あぁ……そんなに感動してくれるなんて……やはり私の歌声は聞く者を涙させる

魔力を秘めているのだろうか……

 一瞬そんなことを考えてしまったが……私の幻想はすぐに打ち砕かれることに

なってしまう。

 感動に体を震わせていたと思っていた彼が突然烈火のごとく怒り出してしまっ

たからだ。

 私は困惑した。

 どうして彼は怒っているのだろう。

 私はただ彼を喜ばせたかっただけ。彼の笑顔が見たかっただけなのに……

 しかし彼の怒りは到底治まらないらしく、頭の血管が切れてしまうのではないか

と心配になるほど怒鳴り散らしている。



 やはり褌一丁にスパンコールコートを羽織っただけの姿で出迎えたのがいけな

かったのだろうか……

 それとも部屋の中を真っ赤な薔薇の花びらで埋め尽くしたことが怒りに触れた

のだろうか……

 彼なら涙を流して喜んでくれると思ったのだけれど……



 結局私はこの後、怒り狂った彼に説教をされた挙句簀巻きにされて窓から吊

るされてしまった。

 しかもそのまま一晩中寒空の下に放置されてしまったのだけれど……それでも

私は夜風に揺られながらどこか幸せな気持ちに包まれていた。


 だって、こうして怒ってくれていることが彼の『愛』なのだ。

 そんなことは彼の幼なじみである自分が一番よくわかっている。

 それならば、私は彼の『愛』を甘んじて受け止めることを選ぼう。



 何せ彼はボクの一番の親友――

 これから先、共に怪物を倒すと誓った盟友なのだから。




PS.
でも今度はチョットだけ優しくしてくれると嬉しいナ♪












最初はもっとホラー形式(笑)で書く予定だったのですが何故かこうなってしまった。
いつかホラー形式のも書いてみたいです。はい。

2011.3.20 UP

戻る

inserted by FC2 system